シュガリミット 飲み方

飲むだけで糖質管理が出来ることで話題のシュガリミットですが、せかっく飲むなら最大限に効果を得たいですよね。

そこで今回はシュガリミットの飲み方について調べてみました。

シュガリミットの飲み方①:食事前

シュガリミットの効果を最大限発揮するなら、やはり食事前が良いでしょう。

糖質とは基本的に停滞時間が短い為あまり消化されません。その為早い段階でエネルギーに変える必要があるのです。

一般的に考えるとシュガリミットが一番効果を発揮するのは、シュガリミットが体に吸収された直後でしょう。体がシュガリミットの各成分を吸収する時を狙うならやはり食前しか無いでしょう。

またシュガリミットを食前に飲む事にはもう一つメリットがあります。シュガリミットを食前に飲むことで「ダイエット中である意識が高まり」食事に対する制限ができるのです。

シュガリミットを飲めばもちろん糖質を管理できますが、それを超える量を食べてしまうと流石に太ってしまうので、より痩せるためには食事の制限が必要になります。

食事が制限できるか出来ないかはその人の意思になるので、食前にシュガリミットを飲む事は目的の再認識になり、食事の制限に繋がります。

私もシュガリミットを食前に飲んでいるのですが、飲むことで食事に対する意識が高まったと感じています。

関連記事:シュガリミットの口コミって嘘なの?本当の効果を実際に体験しました

シュガリミットの飲み方②:朝・昼・晩に飲む

シュガリミットは一日5粒を目安に飲む事になりますが、初めの内は朝・昼・晩に分けて飲んだ方がいいでしょう。

例えば朝1粒・昼2粒・夜2粒と言った感じですね。

「毎食って面倒」

「朝まとめて5粒じゃダメなの」

と思われている方が多いと思います。

実際多くの方は朝か昼か夜にまとめて5粒飲んでいます。

毎食前にシュガリミットを飲むことは確かに面倒な行為でしょう。しかしその面倒がダイエットに繋がるとしたらどうでしょうか?

先ほども述べましたが、食前に「ダイエット」に対する意識が高まれば自然と体は食事を控えようとします。

結局のところ太る原因の多くは食べ過ぎですので、食べ過ぎさえ抑制できれば効率良く痩せる事が出来るでしょう。

シュガリミットの飲み方③:毎日飲む

シュガリミットの飲み方は水で飲むだけです。しかしこの飲むだけの行為ですら人は飽きさぼりだすのです。

きっと今までに様々なダイエットサプリを試してこられた方も多いと思います。では一ヵ月しっかり毎日飲み続けた方はいますか?

私は今までに、一ヵ月毎日しっかり飲み続けたダイエットサプリはありません。多分そんなものです。でもシュガリミットは毎日飲んで初めて効率が上がるものですので最低でも一ヵ月は毎日飲むことをお勧めします。

シュガリミットのダメな飲み方

シュガリミットは基本的に「水またはぬるま湯」で飲みます。

逆を言えばこれ以外の飲み方は、効果を弱まる可能性があるので注意が必要です。特に効果が弱まるとされる飲み方は以下の様になっています。

  • 冷水で飲む
  • カフェインや炭酸飲料と飲む
  • お酒と飲む

最近は自宅にウォーターサーバーがあり、常に冷水が飲める環境の家が多いですが、冷水は胃に刺激をあたえ吸収を遅める可能性がある為なるべく常温水で飲むことをおすすめします。

また、ダイエット目的で食前に炭酸水を飲まれる方もいますがシュガリミットを飲む際に流し込むものとして炭酸水を使わないで下さい。こちらも吸収を抑える可能性があります。

お酒に関しては論外です。

シュガリミットのキャンペーン

シュガリミットのボタン